自然豊かな『熱海』から美味しいお魚を直送!お魚本来の『旨味』をご賞味ください!

ようこそ {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様

【富士山/信州/アルプスサーモンのご紹介】

【富士山サーモン】

富士山サーモン

静岡県田方郡函南町の柿島養鱒株式会社が手掛ける「富士山サーモン」は、猪之頭湧水と芝川の豊かな水と澄んだ空気もたらす豊かな富士山の恵みをたくさん受けて育ったニジマスです。

魚の味を左右する餌は、地元静岡をはじめとする国産原料を加工した自社独自の飼料を手撒きで給餌し、太らせるための添加物は使用していません。

富士山サーモンの身には甘みがあり味が濃く、余計な脂が少なくあっさりしています。さっぱりヘルシーな味わいで女性受け間違いなしのサーモンです!

【信州サーモン】

信州サーモン

長野県水産試験場が約10年かけて開発し、種苗生産や養殖を行うために水産庁に申請したマス類の新しい養殖品種です。平成16(2004)年4月26日付けで承認されました。

 世界で唯一 、ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術で交配したの一代限りの養殖品種です。

ニジマスに比べて肉質が細かく、とろりととろける舌触りが特徴です!

【アルプスサーモン】

アルプスサーモン

平成19(2007)年に南アルプスのふもと長野県飯田市の棚田養殖場で生まれた三倍体のニジマスです。

通常のニジマスは二対の染色体を持っています(これを「二倍体」と言います)が、受精卵に温度変化等の刺激を与えることで、倍の染色体を持つ個体(これを「四倍体」と言います)が生まれます。

これを先ほどの通常のニジマスと掛け合わせることで三対の染色体を持ったニジマスが生まれます。これがアルプスサーモンです。

三対の染色体を持ったアルプスサーモンは、大きくなっても成熟しないため、脂がしっかり乗っていて若々しく大きいのが特徴です。生食はもちろんのこと、さまざまな料理に合うのが大きな自慢です!