ニジマスの稚魚から…海面養殖の可能性についての視察訪問

紅富士養殖池 養殖情報

先日、ニジマスの淡水養殖を手掛ける富士養鱒ふじようそんじょうへ見学を兼ねて視察に伺いました。

先般、トラウトサーモン(商品名:網代サーモン)を東京豊洲市場の大手卸会社様に向けて初出荷しましたが、今後に向けてこちらの稚魚からの養殖の可能性についての下調べでした。

森垣所長様と大学院で専門的に学ばれた山下様から、いろいろなアドバイスを受けました。当日の様子を備忘録的にご紹介致します。

【かね哲水産オリジナル】網代サーモン

① 富士養鱒場に到着

富士養鱒場は、県営試験場として1933年(昭和8年)に建設され、同年に滋賀県醒井さめがい養鱒場より最初のニジマス稚魚が到着しました。

2020年(令和2年)の組織改編に伴い静岡県水産・海洋技術研究所富士養鱒場と名称が変更されました。敷地面積は45,553㎡で東京ドーム約10個分に当たる広大な広さです!

所在地図所在地:Google提供 (赤線:弊社加工)

富士養鱒場全体図駐車場設置の案内板

料金所入り口料金所

ちなみに入場料は大人300円、子供(小・中学生)100円です。駐車場は無料で30台分あります。

 富士養鱒場イラストマップイラストマップ富士養鱒場サイトより

管理人(斉藤)
かねてつ君

当日はあいにくの小雨模様でしたが、小さなニジマスがぴちゃっとはねて出迎えてくれました (^^)

② ニジマスの養殖池

水源は芝川の湧水で、1日の平均湧水量は約5万トン、年間平均水温は10℃とのことです。

養殖池入場してすぐの養殖池

まだ、小さいので防鳥ネットで守られています。

養殖池2上記の続き

養殖池4左手は「ワシントン式水車」

魚止め兼ゴミ取りの役目を果たし、国内ではここだけにしかないとのことです。


養殖池3上記の続き

ニジマス養殖21年魚が元気に泳いでいます

ニジマス養殖同上

紅富士成魚商品として販売されている3年魚池

紅富士2同上

3kgを超える「紅富士(あかふじ)」

③ ニジマスの釣り場

入り口の奥には富士養鱒漁業協同組合直営の釣り場があります。

一竿 1,800円(内臓除去サービスあり)。バーベキュー施設はありませんが、4月~10月日曜日限定で、1尾100円で焼いて食べられるサービスがあります(事前に要確認

ニジマス釣り場湧水のかけ流しです

ニジマス釣り場2週末には家族連れでにぎわう素晴らしい環境です

ニジマス釣り場2途中には滝のような段差を伴っています

ニジマス釣り場4滝の音が清涼感を増幅させています

④ ニジマスの養殖についての説明

養殖説明2所長の森垣さん(男性)と山下さん(女性)

養殖説明山下さんは大学院で学ばれた専門家です!

管理人(斉藤)
かねてつ君

養鱒場の現状や海面養殖に対する注意点や課題を丁寧に説明してくださいました。貴重なお時間を割いていただき、どうもありがとうございました!

⑤ 来年はオンラインショップの商品へ!

網代サーモン生食用網代サーモン(生食用)

現在、オンラインショップのサーモンは、
・富士山サーモン(静岡県産)
・信州サーモン(長野県産)
・アルプスサーモン(長野県産)
・ノルディックサーモン(ノルウェー産)
・アトランティックサーモン(ノルウェー産)
の5種類を扱っていますが、来年からは今回の網代サーモンが加わることになりました!

管理人(斉藤)
かねてつ君

網代サーモン(トラウトサーモン)は、サーモン独特の臭みが全くないため、サーモンが苦手な弊社女性職員も「これだったら食べられる!」と喜んでおります(^^;; どうぞ、今後の養殖生産にご期待ください!

タイトルとURLをコピーしました