ホッケの干物の美味しい焼き方とお酒のマリアージュ(組み合わせ)

ホッケの開き 干物情報

食卓ならびに活魚を扱う飲食店でも馴染みの深いホッケは、干物として手軽に味わえる時代になりました。

とはいえ、知人・友人やニュースでホッケが美味いと聞き、初見で調理するよりも知識をつけたうえで楽しむのが望ましいでしょう。

オンラインショップでの取り扱いはございませんが、人気のホッケの奥深い味わいについてご紹介していきます。

① ホッケの豆知識

ホッケ

ホッケとはカサゴ目アイナメ科ホッケ亜科の冷水魚(Wikipedia)を指し、種類はアオボッケ・マボッケのほかユニークなロウソクボッケという呼び名もあります。

成長によって名称が変わる特性を持ち、かつての昭和初期では冷蔵技術の発展が乏しかったため、一般家庭のテーブルに並ばないことが当たり前でした。

しかし、技術の発展や保存方法の進化にともない、スーパーをはじめ飲食店・オンラインショップでも親しめるようになりました。

なお、何もご存知でなかった方なら、ホッケは開きとも呼ばれることも覚えておかれると良いと思います。ちなみに漁獲量は圧倒的なほど、北海道に集約しています

ホッケ漁獲量画像出典元:水産資源研究所・水産資源研究センター発表(PDF)

② 多様なホッケの焼き方3選

ホッケの干物の焼き方で人気を集めているのは、フライパンやグリル、オーブントースターを使った味わい方です。

今回は「ふっくら感重視」の焼き方について解説していきます。

管理人(斉藤)
かねてつ君

材料は1名あたり約300gを基準にしておくと良いでしょう。

1. フライパンで焼いて味わう【クッキングシート】

クッキングシート調理

フライパンでホッケを焼く際に、クッキングシートを用いて味わう手順は以下のとおりです。

1.上質な油をフライパンへ均一に垂らす
2.皮目を下にするのを前提に焼いていく
3.中火で5分前後、程よい焼き目がつくまで焼く
4.裏に返してさらに4分ほど焼く

2. グリルで味わう【アルミホイル】

アルミホイル調理

ホッケは、アルミホイルを用いた調理も可能で、ふっくらとした焼き上がりを求める方におすすめです。

1.水でホッケを洗う(軽く)
2.洗ったあとにアルミホイルで包む
3.水を約200cc(ml)ほど入れる
4.フライパンにフタをする
5.10分を目安として焼く
管理人(斉藤)
かねてつ君

水は上質なミネラルウォーターを使うと、より一層美味しくなりますよ!

3. オーブン・トースターでも焼ける

オーブントースター調理

オーブン・トースター使う場合は、クッキングシートやアルミホイルを用いてホッケの干物焼きも楽しめます。

また、加熱温度は180℃~200℃を目安にしておくと良いでしょう。

③ ホッケの干物に添え美味しさを引き立てる逸品とお酒

ホッケの干物のお皿に乗せたい、あるいはかけるなど、野菜のほかお酒とも相性が抜群なのでこれよりおすすめの2種を紹介します。

1. トッピングしたい野菜

ホッケの干物

ホッケの干物は脂が絶妙に乗った味わいにつき、さっぱりとした大根おろしをトッピングするのがおすすめです。

管理人(斉藤)
かねてつ君

そのほか、とろりとしたテイストにしたいなら、ピザ用のチーズをかけて召し上がる濃厚な味を楽しめますよ。どちらも、箸が休まることなくお酒がどんどんと進んでいきます (^^;;

2. お酒は2種がぴったり

日本酒 白ワイン

ホッケに合うお酒として、一般家庭もしくは料亭などで親しまれているのは2種ほどあります。

やはり筆頭なのは定番の日本酒がホッケの干物と合うのは間違いありません。

そのほか、和洋折衷が好きなら、ホッケと白ワインとのマリアージュ(組み合わせ)も女性から大好評。

管理人(斉藤)
かねてつ君

選ぶならワイン王国として名高い・各地方のフランス産のボトルも良いですね(KIRIN)。

④ ショップの『厳選干物』をご家庭で!

干物セット全10枚

管理人(斉藤)
かねてつ君

オンラインショップでは各種干物を取り扱っております。お得なセット商品もございますので、ご検討頂けますと幸いです(^^;;

タイトルとURLをコピーしました