現在、オンラインショップはメンテナンス中のため、ご利用いただけません。再開まで今しばらくお待ち下さるようお願い申し上げます。

干物情報

【太刀魚】特徴・名前の由来・旬・漁獲量・おすすめレシピのご紹介!

太刀魚(タチウオ)は、老若男女問わずに継続的な人気を誇る魚の代表格です。ただ、鮮魚店やスーパーなどで見かけることがほとんどない地域もあるとか…。今回は太刀魚が注目される理由や特徴、おすすめレシピなどを多角的にご紹介致します!
お魚情報

「ムツ」と「クロムツ」の違いとは?特徴から最新研究までをご紹介!

クロムツを初めとし、本ムツ、アカムツ、シロムツ、ギンムツ等々「ムツ」と付くお魚をよく目にしませんか?大型のものは超高級魚として扱われ、スーパーなどでは銀ムツが安価で提供されたりもしています。ということで、今回は「ムツ」が付くお魚のご紹介です!
お魚情報

【絹姫サーモン】特徴・養殖技術・取扱店・お値段までを幅広くご紹介

冒頭の写真はokumikawAwake様よりお借りした絹姫サーモンです。数多く存在する国内のブランド商品のひとつですが、偶然をきっかけに開発された全国でも珍しい特徴を持つサーモンです。ということで、今回は愛知県の郷土愛あふれたご当地サーモンのご紹介です。
お魚情報

幻の魚【イトウ】特徴・命名の由来・保護・養殖・おすすめ店のご紹介

冒頭の写真はTOKYO NATURE(S)様からお借りした『北海道猿払川イトウ』です…いかがですか、大きいでしょう!なかなかお目にかかれない特性から、現代では『幻の魚』と称されています。こんな大きなお魚が、なかなかお目にかかれないというのはどういうことでしょうか?
お魚情報

キングサーモン(鱒の介)の特徴からおすすめレシピまでをご紹介!

『王』の称号を冠したキング  サーモンですが、日本ではマスノスケとして知られています。英名と和名、共に「サケの中で一番のサケ」という意味合いからきているのですが、何が一番なのか気になりませんか?今回はキングサーモン(鱒の介)に特化したご紹介です。
お魚情報

【吟醸粕漬】美味さの秘訣…粕漬けの効能からおすすめレシピのご紹介

今回は粕漬の復習を兼ねてもう少し深堀りしてのご紹介です。日本酒が苦手な方には敬遠されがちな粕漬けですが、美味しさと健康面での貢献度によって奈良時代から愛され続けている漬け方です。他社様との違いを少しでもご理解いただけましたら幸いです。
干物情報

【サヨリは干物】が美味い!特徴からおすすめレシピまでをご紹介!

食用として親しまれる魚の中で、サヨリはいつも注目の的です。釣りなどで簡単に手に入る一方で、大型のものは料亭などでは超高級魚の扱いです。そんな幅広い人気のサヨリを、今回は余すところなくご紹介していきます!
干物情報

【ムロアジの干物】が美味!地方名や旬・おすすめレシピをご紹介!

関東圏におけるムロアジの流通量は、マアジに比べて評価があまり高くないことから、それほど多くはありません。しかし、その身は決してまずくはなく、むしろ美味しい部類に入ります。ということで、今回はムロアジの良さを再認識するためのご紹介です!
お魚情報

高級魚【イサキ】の旬・値段相場・カロリー・おすすめレシピのご紹介

イサキは、体長に比例して美味しさと共に値段が急上昇するお魚です。80g~160gくらいのものはスーパーなどでも見かける一方、1kgを超えるものは高級寿司店や料亭では超高級魚として評価されています。今回はイサキを余すところなくご紹介いたします!
干物情報

高級魚【カサゴ】の味はいかに?生態からおすすめレシピまでをご紹介!

カサゴは釣りなどで人気のある反面、スーパーなどではほとんど見かけないお魚です。たまに見かけたとしても別種で安価な場合がほとんです。一方で、飲食店では唐揚げや煮付け・干物料理などに人気が集まっています。人気があるのにほとんど見かけない…何だか気になりませんか?
お魚情報

オホーツクサーモンの特徴からおすすめレシピをまでをご紹介!

マルハニチロ(株)さんが1910(明治43)年に発売を開始した鮭缶にカラフトマスが使用されています。北海道で世界遺産に登録されている知床半島をはじめ他の地域でもカラフトマスがオブジェとして施されているため、その知名度は一気に全国区となりました。
お魚情報

人気上昇中の信州サーモン…作曲家シューベルト〔鱒〕の関連性とは?

ウクライナ情勢によるノルウェー産サーモンの輸入数激減に伴い、国内産サーモンの人気が高まっています。弊社いち押しの富士山サーモンの仕入れ数にも制限がかかり、希望通りの数を確保することが難しくなっています。今回は長野県産の信州サーモンのご紹介です。
お魚情報

国産マナガツオの幽庵焼きが美味い…アニサキス問題を中心にご紹介!

今回は国産マナガツオの幽庵焼きについて、特に食の安全性を中心にご紹介します。夏場は食中毒に関する報道、特に寄生虫に由来するものを多く目にしますが、そもそもマナガツオに関する寄生虫情報はあるのでしょうか?じゃじゃ~ん、それがあるのです!
お魚情報

ノルディック・サーモンとは?サーモンの復習を兼ねてのご紹介!

サーモンと一口に言っても様々な名称が飛び交っており、正確にどの魚(種類)を指しているのか悩むことはありませんか?そこで今回は、サーモンのおさらいと共に、ウクライナ情勢により入手自体が激減しているノルディック・サーモンについて詳しくご紹介していきます。
干物情報

人気の【あじのみりん干し】…特徴からおすすめレシピのご紹介!

新鮮なあじの美味しさに気づかれた方は、次なる追求としては「干物」が王道ですね。干物の種類は様々ですが、中でも「あじのみりん干し」は定番中の定番です。ということで今回はその特徴や保存方法、ひと手間かけたレシピ2点をご紹介しますので、今後のご参考にしていただければ幸いです!
お魚情報

「ムツ」と「クロムツ」の違いとは?特徴から最新研究までをご紹介!

クロムツを初めとし、本ムツ、アカムツ、シロムツ、ギンムツ等々「ムツ」と付くお魚をよく目にしませんか?大型のものは超高級魚として扱われ、スーパーなどでは銀ムツが安価で提供されたりもしています。ということで、今回は「ムツ」が付くお魚のご紹介です!
お魚情報

【絹姫サーモン】特徴・養殖技術・取扱店・お値段までを幅広くご紹介

冒頭の写真はokumikawAwake様よりお借りした絹姫サーモンです。数多く存在する国内のブランド商品のひとつですが、偶然をきっかけに開発された全国でも珍しい特徴を持つサーモンです。ということで、今回は愛知県の郷土愛あふれたご当地サーモンのご紹介です。
お魚情報

幻の魚【イトウ】特徴・命名の由来・保護・養殖・おすすめ店のご紹介

冒頭の写真はTOKYO NATURE(S)様からお借りした『北海道猿払川イトウ』です…いかがですか、大きいでしょう!なかなかお目にかかれない特性から、現代では『幻の魚』と称されています。こんな大きなお魚が、なかなかお目にかかれないというのはどういうことでしょうか?
お魚情報

キングサーモン(鱒の介)の特徴からおすすめレシピまでをご紹介!

『王』の称号を冠したキング  サーモンですが、日本ではマスノスケとして知られています。英名と和名、共に「サケの中で一番のサケ」という意味合いからきているのですが、何が一番なのか気になりませんか?今回はキングサーモン(鱒の介)に特化したご紹介です。
お魚情報

【吟醸粕漬】美味さの秘訣…粕漬けの効能からおすすめレシピのご紹介

今回は粕漬の復習を兼ねてもう少し深堀りしてのご紹介です。日本酒が苦手な方には敬遠されがちな粕漬けですが、美味しさと健康面での貢献度によって奈良時代から愛され続けている漬け方です。他社様との違いを少しでもご理解いただけましたら幸いです。
お魚情報

高級魚【イサキ】の旬・値段相場・カロリー・おすすめレシピのご紹介

イサキは、体長に比例して美味しさと共に値段が急上昇するお魚です。80g~160gくらいのものはスーパーなどでも見かける一方、1kgを超えるものは高級寿司店や料亭では超高級魚として評価されています。今回はイサキを余すところなくご紹介いたします!
お魚情報

オホーツクサーモンの特徴からおすすめレシピをまでをご紹介!

マルハニチロ(株)さんが1910(明治43)年に発売を開始した鮭缶にカラフトマスが使用されています。北海道で世界遺産に登録されている知床半島をはじめ他の地域でもカラフトマスがオブジェとして施されているため、その知名度は一気に全国区となりました。
お魚情報

人気上昇中の信州サーモン…作曲家シューベルト〔鱒〕の関連性とは?

ウクライナ情勢によるノルウェー産サーモンの輸入数激減に伴い、国内産サーモンの人気が高まっています。弊社いち押しの富士山サーモンの仕入れ数にも制限がかかり、希望通りの数を確保することが難しくなっています。今回は長野県産の信州サーモンのご紹介です。
お魚情報

国産マナガツオの幽庵焼きが美味い…アニサキス問題を中心にご紹介!

今回は国産マナガツオの幽庵焼きについて、特に食の安全性を中心にご紹介します。夏場は食中毒に関する報道、特に寄生虫に由来するものを多く目にしますが、そもそもマナガツオに関する寄生虫情報はあるのでしょうか?じゃじゃ~ん、それがあるのです!
お魚情報

ノルディック・サーモンとは?サーモンの復習を兼ねてのご紹介!

サーモンと一口に言っても様々な名称が飛び交っており、正確にどの魚(種類)を指しているのか悩むことはありませんか?そこで今回は、サーモンのおさらいと共に、ウクライナ情勢により入手自体が激減しているノルディック・サーモンについて詳しくご紹介していきます。
お魚情報

人気上昇中のアルプスサーモンとは?信州サーモンと比較してのご紹介

サーモンの人気はもはや不動のものとなり、回転寿司やスーパーでの定番商品となっています。また、全国のご当地サーモンを取り寄せて、味の違いを楽しまれておられる熱烈なファンも多くいらっしゃいます。そこで今回は、長野県産で地域おこしにも一役買っているアルプスサーモンについてのご紹介です。
お魚情報

サワラの幽庵漬けの魅力…ひと手間で美味しさアップ!

サワラにはいろんな味わいがあり、幽庵焼きとして懐石料理店をはじめとした飲食店や、家庭の食卓でも親しまれています。今回はサワラの幽庵漬けとなる基礎知識やご自宅での「ひと手間加えるだけで美味しさアップ」おすすめ調理法のご紹介です。
お魚情報

国産マナガツオの西京漬けが美味い!特徴から調理法までを紹介

「西にサケなし、東にマナガツオなし」という諺が示すとおり、関東以北ではなかなかお目にかかれないマナガツオ。そのため東京などでは料亭や高級寿司店でしか食せない『超高級魚』という位置づけです。しかし、オンライン通販をはじめ今ではお好きなタイミングでオーダーできるようになり、手軽に堪能できるようになりました。
お魚情報

オーロラサーモンとは…特徴・カロリー・希少の理由をご紹介!

オーロラサーモンは、その名称から輝かしいブランドを彷彿とさせるような逸品となっています。何だか高級感漂う、美味しそうなネーミングですよね。オンラインショップでの取り扱いはありませんが、今回は、名前の由来やカロリー、安全性などをご紹介致します。
お魚情報

富士山サーモンの干物・煮付け・刺身などの魅力をご紹介!

富士山サーモンは、産地特有ならではの魅力がたっぷりと詰まっている逸品です。オンラインショップでも取り扱っている商品ですが、今回は少し異なる視点からのご紹介です。お刺身はもはや定番料理となっていますが、意外にも干物や煮付けとしても好評を博しているという観点から見てみることにします。
干物情報

【太刀魚】特徴・名前の由来・旬・漁獲量・おすすめレシピのご紹介!

太刀魚(タチウオ)は、老若男女問わずに継続的な人気を誇る魚の代表格です。ただ、鮮魚店やスーパーなどで見かけることがほとんどない地域もあるとか…。今回は太刀魚が注目される理由や特徴、おすすめレシピなどを多角的にご紹介致します!
干物情報

【サヨリは干物】が美味い!特徴からおすすめレシピまでをご紹介!

食用として親しまれる魚の中で、サヨリはいつも注目の的です。釣りなどで簡単に手に入る一方で、大型のものは料亭などでは超高級魚の扱いです。そんな幅広い人気のサヨリを、今回は余すところなくご紹介していきます!
干物情報

【ムロアジの干物】が美味!地方名や旬・おすすめレシピをご紹介!

関東圏におけるムロアジの流通量は、マアジに比べて評価があまり高くないことから、それほど多くはありません。しかし、その身は決してまずくはなく、むしろ美味しい部類に入ります。ということで、今回はムロアジの良さを再認識するためのご紹介です!
干物情報

高級魚【カサゴ】の味はいかに?生態からおすすめレシピまでをご紹介!

カサゴは釣りなどで人気のある反面、スーパーなどではほとんど見かけないお魚です。たまに見かけたとしても別種で安価な場合がほとんです。一方で、飲食店では唐揚げや煮付け・干物料理などに人気が集まっています。人気があるのにほとんど見かけない…何だか気になりませんか?
干物情報

人気の【あじのみりん干し】…特徴からおすすめレシピのご紹介!

新鮮なあじの美味しさに気づかれた方は、次なる追求としては「干物」が王道ですね。干物の種類は様々ですが、中でも「あじのみりん干し」は定番中の定番です。ということで今回はその特徴や保存方法、ひと手間かけたレシピ2点をご紹介しますので、今後のご参考にしていただければ幸いです!
干物情報

希少価値で人気の【国産エボダイの干物】を多角的にご紹介!

国産のエボダイの干物は、干物専門店でも見かけることが少なくなってきた希少性の高い逸品です。しかし、スーパーなどではエボダイの干物を多く見かけるようにもなりました。これはどういうことでしょうか?そこで今回はエボダイの干物に特化したご紹介です。
干物情報

金目鯛の干物は国産が美味い!豊かな味わいとおすすめ調理法をご紹介

関東周辺では『高級魚』として評価されている金目鯛ですが、その他の地方ではあまり馴染みがないお魚です。料理店などで特に人気なのはしゃぶしゃぶや煮付けですが、「干物が一番」という方も多くいらっしゃいます。そこで今回は干物に特化した特徴や選び方、調理法をご紹介致します。
干物情報

ホッケの干物の美味しい焼き方とお酒のマリアージュ(組み合わせ)

食卓ならびに活魚を扱う飲食店でも馴染みの深いホッケは、干物として手軽に味わえる時代になりました。とはいえ、初見で調理するよりも知識をつけたうえで楽しむのが望ましいと思います。ということで、今回は人気のホッケの奥深い味わいについのご紹介です。
干物情報

ノルウェー産の【サバの干物】が好まれる理由とは?

これまでご紹介してきたお魚と同様に、サバも縄文時代からずっと愛されてきた食材の一つです。国内で獲れるのはマサバとゴマサバの2種類です。今回はノルウェー産のサバを中心にご紹介していきます。
干物情報

干物の定番【カマスの干物】をつぶさに検証してみます!

干物の定番と言えば、アジと並んで上位に挙げられるのがカマスの干物です。縄文遺跡に出土した頭部と本体の骨の数の違いから、カマスは当時から干物として多く食されてたことが分かっています。今回はカマスについていろいろと検証してみます。
干物情報

数字で解き明かす…日本一の静岡県産【あじの干物】をご紹介!

新井白石は享保2年(1717年)に「味がよいからアジという名前がついているのです」と語源辞書で述べています。今回は干物の代表格であるあじの干物(塩干し)をご紹介致します。
干物情報

美味しい【サバのみりん干し】になるための6ヶ条をご紹介!

お魚嫌いのお子様でも「これだけは!」と、さばのみりん干しは根強い人気のある干物です。今回は、美味しい『サバのみりん干し』になるための6ヶ条をご紹介致します。
干物情報

美味しい【イカの一夜干し】になるために…東京豊洲市場の主要4種をご紹介!

イカと一口に言ってもその種類は国内で獲れるだけでも約140種と言われています。今回は数ある種類の中から、東京の豊洲市場で多く扱われるイカ4種と一夜干しについてご紹介致します。
干物情報

一目瞭然【美味しい干物の見分け方~4カ条】をご紹介!

日本の干物は縄文時代の遺跡にその痕跡があることから、少なくとも4,000年前にはその習慣があったことが分かっています。今回は『見た目で分かる美味しさ4ヶ条』をご紹介致します。
タイトルとURLをコピーしました